ネスカフェ ネスプレッソの使い勝手。

新たなコーヒーメーカー導入です(笑)。 家でもカフェラテが飲みたくて、PanasonicNC-BV321-CK →ハンドプレッソ→ボンマック→ドルチェグストと渡り歩いてきましたが(詳細はこちら)、行きついたのがネスカフェ ネスプレッソピクシークリップ。 定期的にカプセルを購入する契約をNestleジャパンと結ぶことで、レンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちらしの裏~スカートの丈についての一考察その3。

2013年秋、2015年冬、と過去2度スカートの丈について触れました。 今回三年ぶりにスカートの丈について考察します(笑)。 今年のスカートは、ズヴァリ!長いです。 ふくらはぎの中間から足首までという長さ。 2015年で書いた「ミモレ丈」が猛威を振るっている感じ。 当時は「絶対こんな中途半端な丈流行るわけない」って思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 秋クール。

結構楽しみに見ているドラマがある今クール。 【月】 フジ『SUITS/スーツ』★☆ 鈴木保奈美と織田裕二が久々に共演するってことでかなり話題でしたね。 私は、前クールの『グッド・ドクター』同様、リメイク元のアメドラをすでに見ており、一話目の途中で見るに堪えなくなって終了。 リメイクは難しいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイロボット ブラーバジェットの使い勝手。

数年前から欲しかった雑巾がけロボット。 やっと試すことができました。 雑巾がけ嫌いなんです。 小学生の頃、朝登校する前に廊下の雑巾がけをさせられていて、大っ嫌いになりました(爆)。 3万円弱のシロモノなので、失敗はゆるされないということで、まずは7泊8日でレンタル。 今ってすごいですね。 レンタルしてくれるサイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネスカフェドルチェグストの使い勝手。

家で美味しいカフェラテを飲むために、あれこれ投資してきました。 詳しくは「ボンマック エスプレッソメーカー BME-100の使い勝手。」を参照のこと。 三番目のボンマックは準備も後片付けも面倒で、時間にも心にも余裕があるときしか使わなくなりました。 洗い物をきちんとしてからゆっくりしたい自分には不向きだったのかも(爆)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 『最後から二番目の恋』。

こちらの作品も久々に見直して、好きだなぁ~って再認識。 このドラマの何にそんなに惹かれるのかなぁ。 一つは鎌倉の風景かな。 風光明媚な、どこを切り取っても絵になる鎌倉が舞台っていうのは成功の大きな要因であること間違いなし。 加えて、40代後半から50代を主役に据えるという、現代のドラマではない設定。 これは大きいと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 『カルテット』。

2017年冬クール。 坂元裕二脚本。 これはいい坂元!!! 『問題のあるレストラン』とか『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、私的には悪い坂元。 良い坂元は『mother』『それでも、生きてゆく』『最高の離婚』。 本作品は間違いなく「良い坂元」です。 まず、群像劇として成功しています。 詳しくははしょり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その9。

術後18日~21日。 困っているのは、相変わらずの腰痛。 それと膀胱炎に似た症状で、尿が出るまで時間がかかる、残尿感がある、痛い。 加えて、腸の中を便やガスが動くとチクチクした激痛があること。 赤黒いトロッとした出血は、さらさらした薄い茶色の水になっています。 退院診察の際に、主治医に排尿・排便の違和感について尋ねたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その8。

術後8日目(退院翌日)。 この日が精神的に一番辛かったのを覚えています。 昨日までは何かあったらすぐに看護師や医師に尋ねることができたのに、今日からは一人ぼっち。 誰かと話して気を紛らすこともできません。 不安だったのは、相変わらず膀胱炎のような症状、お腹の中に有刺鉄線が入っているかのようなチクチクした激痛。そして出血。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その7。

術後5日目。 腸の動きが良くなってきました。 やっぱり歩くことが大切みたいです。 お蔭で食事も8、9割は摂れるように。 点滴ラインも抜管してもらい、これで身体には何もついていない状態に。 お腹の傷は相変わらず痛くて、両手で押さえながらじゃないと歩けません。 便座に座ると腹圧がかかるようで、出血。 術後6日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その6。

術後2日目。 水は飲めるけど、ガスが一向に出ない。 とにかく気持ちが悪く、この日が総合的に一番辛い日だったことを覚えています。 正午あたりからやっと腸がかすかに動き始めた感覚がありました。 しかし看護師さんが聴診器を当てたところ、動きが弱すぎて今日もガスがでるかどうか…とのこと。 気持ちが悪い原因の一つに、痛み止め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その5。

~回復室の続き 予定を30分前倒しで、午後2時から午後4時まで2時間の手術。 その後翌朝まで3時間おきにバイタルチェックがありました。 検温、血圧測定、開腹した傷の状態チェック、膣から出血していないかのチェック。 回復室に戻って数十分後、私はなんとかなりの量の出血がありました。 あの時の状況が今でもトラウマです。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その4。

3.回復室 病室に直行せず、術後の経過を観察するための回復室に、ストレッチャーに載せられて移動しました。 すぐに脚に血栓防止のためのポンプ式マッサージ器を装着されます。 また、術後数時間は酸素吸入が必要とのことで、マスクを装着されました。 正直これがすっごくうっとうしくて、無意識のうちに自分で外してしまうこと数回。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その3。

2.手術について 眠っている間に何があったか知りたくて、先日書いた通り、Amazonから医学書を購入し、添付されていたDVDを見ました。 ハイビジョンに近い画質で42Vテレビに映し出される実物の4倍近い臓器、すごい迫力でした。 が、気持ち悪いという気持ち以前に、とにかく知りたかったんです。 ①気管に人工呼吸器の管を挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術 その2。

腹式単純子宮全摘術の一連の過程を忘備録として記録します。 ちなみに、腹式ではない術式として「膣式」「腹腔鏡下」があります。 摘出する子宮の大きさ、過去の術歴(癒着がある可能性が高い)により術式が決まるようです。 私の場合、子宮が骨盤内のほとんどを占めるほど巨大化していたので、腹式以外あり得ないと言われました。 「単純」というのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『甘き人生』。

またまたイタリア映画。 先日の『おとなの事情』に続き、冒頭から目が離せなく、私の中の名作の基準である「ノレる映画」です。 ちなみに『おとなの事情』のレレ役俳優が主演です。 余計な説明を会話やモノローグ、字幕に入れず、映像だけで展開するのがいい。 まるでキェシロフスキ監督作品を見てるようだ、と思いながら鑑賞。 主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 夏クール。

ブログ更新してなかった2年間もドラマは見てました。 【月】 フジ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』★ 評判いいようですが、第1話の冒頭で挫折。 これって前作は日本版『コールドケース』ってことでしたよね。 【火】 フジ『健康で文化的な最低限度の生活』★★ 第2話で脱落。 火曜夜の職業ドラマ、悪くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『おとなの事情』。

久しぶりにイタリア映画を見ました。 1時間30分の間、かたときも目が離せず。 現代社会ならでは、既婚者ならでは、アラフォーならではという内容にやられました。 イタリアの3組の夫婦+1人の男性。 月蝕を見ながらディナーをしようということで、1組の夫婦の家に集合。 男性陣4人が幼馴染みで、結婚してからも家族ぐるみで付き合っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式単純子宮全摘術

2年ぶりの更新です。 4年連続で人事異動があり、正直ブログに割く時間も気力もありませんでした。 そんな中、10年間経過観察していた子宮筋腫がどうにもならないところまで行ってしまい、今年の7月末に「腹式単純子宮全摘術」を受けました。 現在は自宅療養中です。 まだ術後15日目です。 簡単に言えば、開腹により子宮を全部取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 夏クール。

夏ドラマが出揃いました。 7月がめちゃくちゃ忙しくて、昨日今日で何とか録画していた1話目2話目を見ている状態です。 今クールの特徴は「働く女性」「恋愛・不倫」。 男性主人公のドラマが少ないですね。 タイトルに主人公の名前入れる系が、またもやブーム。 キャッチーだもんね。 【月】 フジ『好きな人がいること』★★ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フィギュアスケート覚え書。

何度か書いてますが、みどりが引退してからしばらくフィギュア観戦から遠ざかってました。 オリンピックの時にシングルのカテゴリーを見る程度。 それがまた熱烈なフィギュア観戦をするようになったのは、'04-05のジュニアワールドで織田君と真央ちゃんが優勝した試合をたまたま見たからでした。 真央ちゃんのプログラムで「これは!」と衝撃を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンマック エスプレッソメーカー BME-100の使い勝手。

3台目のエスプレッソメーカー。 1台目のPanasonicは先月末の家電の日に捨てました(涙)。28,000円程度で購入した商品に2万円の修理代をかけたのに、まともだったのは1回目だけで、2回目からはまた全体から蒸気が噴き出すありさまで。デザインは好きだったのでインテリアとして1年間置いておいたけど(笑)。 2台目のハンドプレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

docomo解約覚え書。

 携帯キャリアのプランやオプションは複雑怪奇で、私のような知りたがりでデジモノ大好きな者でも、常に最新の情報を自ら得ていかない限り、ちょっとの間に「えー!?いつの間に変わったの?」「いつの間に終わったの?」ってことばかりです。  今回、モバイルWi-Fiルータの解約時期が近付いてきたのであれこれ調べたことを覚え書としてまとめます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『天才スピヴェット』。

この作品、ほんとに期待せずに見始めました。 あの『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネの作品だとか、3Dバージョンがあったとか、そんな前情報は全く仕入れずに。 何度も書いてますが、私が「この作品好き!」「心つかまれた!」ってなる作品は、見始めたときから目が離せなくなる作品です。本作品も例にもれず。 まずは画面の美しさです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWに見た映画(忘備録)。

ディスクに落としておいたやつは全く手つかず状態ですが、HDDに残ってるやつを片っ端から見てみようと。大収穫は『天才スピヴェット』!!この作品に会えて幸せ~(はぁと)。ということで、個別にそっちはレビューしています。 『博士と彼女のセオリー』★★★ 想像していたより良かった。 ただ、これは私が悪いんですが、終始『ビューテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 春クール。

ひととおり第一回放送が終わったので、感想を。 何と、今クールは「ドラマのTBS」が凄い! バラエティも含めてTBSばかり見ている火・金・日!!!! 未だかつてこんなことはなかった。 【月】 フジ『ラブソング』★★☆ かなり期待してたんですが… 福山雅治の相手役があまりに若すぎる。 単純なラブストーリーじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『海街diary』。

 期待しないで見るべし。私は原作は1巻しか読んでません。ということで余計な先入観もなく、期待もせず見始めました。  私にとっての「いい映画」は、最初からグッと掴まれてノレる映画。本作品は該当しました。さすが是枝監督作品って感じ。ただし、全体的に薄味なんですよねぇ…。食堂のおばさん、実母、実父、長女の不倫相手などなど、登場人物の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 冬クール。

なんと、秋クールは完走したドラマが一個もなかったという‥(絶句)。 防備録的に書いていたこのブログですが、脱落したドラマについても書く気力がなかった。 さて、気をとり直して冬ドラマ。 夏・秋よりずっと豊作です。 【月】 フジ系『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』★★★ 今クール期待度No.1。 なんと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part18(『サンダーアーム』)。

買い替えたBDについてダラダラと書いてきましたが、私が本当に心の底から待っているエクストリーム版が一向に発売される気配がありません。その作品とは『サンダーアーム龍兄虎弟』です。 ジャッキー作品には多くのバージョンがあることは何度も書いてきました。 本作品は『スパルタンX』同様、リアルタイムで映画館で公開されたものと、テレビの吹替…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part17(ブルーレイレビュー『ポリスストーリー香港国際警察』)。

長々続いたBDレビューも最後です。 この『ポリスストーリー』のアルティメット版は2012年に購入していました。3,814円で発売日に買ったのですが、今となっては1,918円で買えるようですね(爆)。 実は私がこの年末にジャッキーのBDを4枚も買いなおしたのは、それなりの理由があります。 販売元のパラマウントジャパンが解散す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part16(ブルーレイレビュー『ポリスストーリー2/九龍の眼』)。

このエクストリーム版は、『スパルタンX』のそれと並んで絶対欲しかったBDです。理由はやっぱりフジテレビゴールデン洋画劇場吹替えで見たいから。 『プロジェクト・イーグル』については2010年、『酔拳』『蛇拳』については2013年にそれぞれ吹替えが収録されて購入済み。また、先月のイマジカBSの放送で『プロA2』について吹替え版の放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part15(ブルーレイレビュー『プロジェクトA2』)。

買い替えたBD第3弾。 これはもう、フジテレビゴールデン洋画劇場版の吹替えで見たいだけ、ただそれだけのために買い替えました。2010年リリースのBDでは新録吹替えが収録されてましたが、『スパルタンX』でも書いたとおり、出会いがテレビの吹替えだった作品はやっぱり吹替えで見たいので、結局新録版では一度も鑑賞していませんでした。「ドラゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part14(ブルーレイレビュー『プロジェクト・イーグル』)。

買い直したBD第二弾。 前回の『スパルタンX』と違って、これは映画館で見た作品なので、私的には断然劇場公開版派です(笑)。 映画館で見るとすごく集中しているので、意外と細部まで覚えているものです。ソフトに収録されているものが映画館で見たものと異なる場合、違和感が生じると言った方がいいかな。って、ジャッキー作品以外で、「映画館で見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャッキー・チェン Part13(ブルーレイレビュー『スパルタンX』)。

メディアの変遷に伴って、何度も買い替える作品ってありますよね。 私の場合というか、私たち夫婦の場合、その代表的な作品が「スタートレックシリーズ」です。 以前も書きましたが、夫は『宇宙大作戦』を、VHS→レーザーディスク→DVDと買い替えた後になんとブルーレイが発売され、さすがにそれには手を出せませんでした。 気の毒に思った私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。

全く期待しないで見始めたけど、これが意外と面白かった。 トム・クルーズ苦手だが、なぜか彼主演の映画は、最初は何気なく見始めたのに引き込まれてしまう世界観のやつが多い。『マイノリティ・リポート』とか『宇宙戦争』とか。 『マトリックス』プラス『バックトゥザフューチャー』って感じの味付け。 実は私、群像劇のジャンルが好物なんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女マンガ原作の映画。

テレビドラマの世界では、もう相当前から少女マンガ原作ばかりになってしまっていて、ことある度にその現状を憂いてきましたが、昨今は映画界にまでその傾向が…安直ですなぁ。 WOWOWで少女マンガ原作映画祭りをやってたので立て続けに見てしまいました。 はちみつとクローバー クローバー 天然コケッコー ホットロード アオハライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 夏クール’15。

2006年からクールごとに見てたドラマの感想をアップしてましたが、今クールほどドラマを見なかったクールはなかった。 完走できたのが、月9の『恋仲』と木10の『探偵の探偵』だけです。 それもどっちも別に面白くなかった。 4月から超距離通勤となったため、物理的に見る時間が無くなったという理由だけじゃなく、ほんとに面白いドラマが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『サード・バーソン』他。

 あれほど映画を見ていた自分が、ここ4年、ほとんど見なくなったことに失望し、愕然としています。以前は、恵比寿ガーデンシネマ等にミニシアター系を見に行くくらい、映画には時間もお金も惜しまなかった自分はどこに行ったのか。  2013年、2012年と、3日間の夏休みに見た映画を書きとめましたが、昨年はFacebookに「今年の夏休み…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最近読んだ少女マンガまとめ Part3。

Part2に引き続き、忘備録として。 いやー、実はこのPart3、書き終わって保存しようとしたら全部吹っ飛んじゃって、その時点でもうあきらめかけましたが、やっぱり自分が読んだ記録は残しておきたいという気持ちだけで何とか書き直しました。ウェブリブログでこんなの初めての経験だったので、正直心折れかけました… 集英社 マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガ 『ひるなかの流星』。

2010年くらいからマンガから遠ざかっていたのですが、今年の1月からなぜか少女マンガ熱が再燃。 購入した電子書籍は500冊にも(!) 電子書籍ストアでは、「期間限定1巻無料」などのキャンペーンを常時やっているのですが、マンガ好きなら1巻を読んだら最後、もう続きを購入するしかない。まんまとストアの思惑にはまっちゃうんですよねぇ… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 春クール。

今クールは見る作品が少ない。 1回目で切ったものが多かった。 【月】 なし。 『ようこそ、わが家へ』は一気見すればおもしろいんだろうけど、月曜の9時じゃなく、TBS金曜10時の枠が合ってたんじゃないでしょうか。月曜の夜からこんな暗い題材見たくないです。 【火】 なし。 三つもあったのに、全部だめ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近読んだ少女マンガまとめ Part2。

~つづき~ 講談社 別冊フレンド 【隣のあたし】★★ キュンキュン度3 うーん、世間一般にはキュンキュンするマンガとして評価されてるけど、どうだろう。 恋のライバルが女子高生としてあそこまでやるのかなぁ、ってのと、本命視されてた幼馴染の心理がよくつかめなかった。 【PとJK】★★★ キュンキュン度4 Pってポリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ少女マンガまとめ。

いやー少女マンガ買いまくりです。 小学4年生から6年生にかけて、母親の妹が毎月買っていた別冊少女マーガレット(別マ)、別冊少女フレンド(別フレ)、別冊少女コミック(別コミ)、花とゆめの4種類のマンガ雑誌を読んでいました。 その後、読み続けていたのは別マのみ。以前も書いたかも知れませんが、高校生の頃は自分でマンガを描いて投稿したり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONY MDR-HW700DSの使い勝手。

やっと購入です。 DS7100を使い続けて5年。2台購入し、1台は実家で親につかってもらっているくらい気に入っていました。本機を購入したのは、そろそろHDMI接続のバーチャルサラウンドヘッドフォンが必要になったためです。直接のきっかけは、HT-XT1を購入したこと。 とにかく接続させたい周辺機器が大量にあるので、事前に細かく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

冬クールその2。

各作品、3~4話まで進んでます。 途中経過報告。 【月】 フジ『デート~恋とはどんなものかしら~』★★★→★★★★ そうそう、この理屈っぽさ、古沢作品ですね。 『鈴木先生』『ゴンゾウ』『リーガルハイ』と相当お気に入り。 普段ドラマを見ない夫も、「高等遊民」論の部分にはめっちゃ反応してました。 【火】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モバイル回線の歴史。

2004年から始めたこのブログ、開始後12番目に「モバイルPCとPDA」という記事を書きました。 ネットというのは恐ろしいもので、一度使い始めたらどんなところでも常に使いたくなる魔力を持っています。 …以下、取り留めのない文章で、めちゃくちゃ長いです。あしからず。 私が初めてネットに触れたのは1998年のことでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ 冬クール。

今クールは、最初から「見たい!」と思わせる作品がない…。 当然、第一話についてはできるだけチェックしますが。 脚本家からチェックすると、古沢良太、浅野妙子、橋部敦子、井上由美子、遊川和彦、坂元裕二、古家和尚とそうそうたるメンバー。私が好きなのは古沢さん、井上さん、坂元さんで、中でも坂元作品は『mother』以降にファンになり、『Wo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちらしの裏~スカートの丈についての一考察その2。

昨年、突然「ミモレ丈」なる名称で、ひざ下スカートが復活しました。 前回「一度出したひざはもう出せない」と書きましたが、時代の流れに逆らえず、2年前から私もひざ上のちょいミニスカートを穿いていて、やっと慣れてきた頃だったので「今さら長め丈が流行」って言われてもなぁ…って気分です。 しかも、ご多分に漏れず、流行は繰り返すとはいえ、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レッド・バイオリン」。

2000年の作品だったと記憶しています。 この2000年はとにかく映画の当たり年で、このblogでも何度も書いていますが、一生何度も見返すだろうという映画が本当に多かった。「サイダーハウスルール」とか、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」とか、上げたら10作品くらい行けます。 本作品も忘れられない作品だし、見はじめてすぐ虜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナファンヒーターFH-WX3614BY(W) の使い勝手。

2000年に購入したコロナのファンヒーターGT-E30Yがさすがに点火・消火時に強烈な灯油臭を放つようになったので、買い替えました。 私は臭いに敏感です。これは遺伝と思われる。母・私・妹全員が臭いに敏感です。10をマックスとすると8くらい敏感です。石油ストーブが大嫌いです。7年くらい前から冬の暖房はエアコンオンリーです。夫が寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more